Last updated: 2022/11/11

あやとりトピックス 231-240

ガーナのあやとり未公開作品の紹介 2022/11/11

2022年9月および10月に、ISFA会員の大坂聡志くん(現在8歳で小学2年生)が、学校の国際授業の先生であるガーナ人のジョー先生から、二つのガーナのあやとり作品の取り方と、母国でのあやとりにまつわる経験について聞き取りを行いました。

大坂くんはあやとり教室指導員としても精力的に活動されており、その様子が地元紹介誌(*1)(*2)(*3)で多数紹介されているほか、 今月11月4日に発行された新聞記事には、今回のトピックスで紹介しているガーナのあやとり作品の聞き取りの件についても触れられています。

作品を教えてくださったジョー先生曰く、あやとりに歌や占い・宗教的な関わりなどは聞いたことがなく、母国ではあやとりは単に子どもの遊びだったそうです。 先生は小学生の頃に、母国で友達からあやとりを教わり遊んでいたとのことで、今でも覚えていらっしゃった二つの作品を大坂くんが聞き取りました。

その二つの作品について、ガーナのあやとりが掲載されいてる過去の文献(*4)(*5)(*6)を調べたところ、文献にはどちらの作品も記載がなく、 おそらくガーナのあやとりとしては未公開作品であったことが判明しました。

今回、大坂くんとジョー先生に作品公開の承諾をいただきましたので以下紹介します。

一つ目の作品は、世界では「ねずみ」や「指抜き」といった呼び名で知られる作品とよく似ていますが、 遊び方が少し異なり、一人ではなく複数人で遊ぶ作品です。先生曰く、作品の呼び名は分からないそうです。

【取り方】

  1. 左手の親指を上にして、左親指に紐をかける。一方の糸は手のひらに、もう一方の糸は手の甲に、それぞれ糸を垂らす。
  2. 次の1か2の工程のいずれかを行う。
    1. 右人差指を左手のひらの糸の下を通し、左親指と左人差指の間から甲の糸を上から引っ掛けて引き出し、向こうに半回転ひねる。ひねった輪を左人差指に上からかけて、右人差指の輪を放す。
    2. 右人差指を左手のひらの糸の下を通し、左親指と左人差指の間から甲の糸を上から引っ掛けて引き出し、引き出した輪を左人差指に上からかけて、右人差指の輪を放す。
  3. 2.1もしくは2.2と同様に、左人差指と左中指の間から糸を引き出して、左中指にかける。
  4. 2.1もしくは2.2と同様に、左中指と左薬指の間から糸を引き出して、左薬指にかける。
  5. 2.1もしくは2.2と同様に、左薬指と左小指の間から糸を引き出して、左小指にかける。
  1. AさんはBさんに「左手の人差指・中指・薬指・小指は悪い人です。どの人が捕まると思いますか?」と質問し、Bさんは、捕まると思う人にあたる指をAさんに伝える。
  2. Bさんの予想が当たっているか確認するため、Aさんは左親指の輪をそっと外し、右親指と右人差指で垂れた輪の手のひら側の糸を左小指の近くでつかむ。右手を右に引くと、2.1の工程をした指の糸は左手からスルスルと外れるが、2.2の工程をした指の糸は引っかかる(悪い人が捕まる)。

二つ目の作品は「ドラム」と呼ばれる作品です。4段ばしごの途中までの取り方となります。

【取り方】

  1. 人差指の構えから、親指の糸を外す。
  2. 親指を全ての糸の下を通し、小指向こうの糸をとる。
  3. 小指の糸を外す。
  4. 親指を人差指手前の糸の上を通し、人差指向こうの糸を下からとる。
  5. 小指を人差指手前の糸の上を通し、親指向こうの糸を下からとり、親指の糸を外す。
  1. 親指を人差指の輪の上を通し、小指手前の糸を下からとる。
  2. 人差指手前の糸を指の近くでつまんで親指の上にかける。
  3. 親指の下の輪を上の輪を超えて外す(ナバホ取り)。
  4. 人差指を親指の輪にかかっている三角の中に上から入れ、小指の糸を外し、人差指を下から向こうに回して上に向ける。手のひらを向こうに向けて展開する。
ジョー先生が大坂くんに、完成した「ドラム」の作品を披露しているところ。

このドラムの取り方を詳しく調べたところ、取り方の順番にとても興味深い点があることが明らかになりました。 それは、最初の取り方がドラムと共通の「4段ばしご」の地域性と関連があるということです。

日本や欧米で取られている4段ばしごの取り方と、アフリカでよく取られている4段ばしごの取り方では、工程3と4の順番が異なっていることが過去の文献で既に明らかになっています。 上記工程の順番でとるのが、アフリカでよく取られる4段ばしごの取り方で(*7)(*8)(*9)、工程3と4を入れ替えた取り方が、日本や欧米でよく取られている4段ばしごの取り方(*10)(*11)になります。

そして、ガーナのあやとりが掲載されているどの文献(*4)(*5)(*6)にも、「ドラム」だけでなく「4段ばしご」も掲載されていませんでした。 そのためガーナでも、4段ばしごの工程3と4の順番が欧米や日本と逆であることが、このドラムの取り方の順番から推測され、 4段ばしごの取り方において、アフリカでは欧米や日本と一部取り方が逆というのがよく見られることを後押しする発見にもなりました。

また、ドラムの取り方の工程3と4の順番を入れ替えた工程5までの作品(日本や欧米で取られている4段ばしごの途中までの取り方)は、 「ドラム」と完成形は同じですが、欧米では「猫のひげ」という呼び名で取られていることが、2011年のISFAの会報誌(*12)で掲載されています。

ジョー先生が生まれ育ったガーナのブロング=アハフォ州(現在はボノ州、東ボノ州、アハフォ州に分割されている)では、ドラムは伝統的なお祭りでよく用いられており、 小さなお祭りだと約二か月に一回お祭りが開催されていたようです。そうしたお祭りのたびにさまざまな形のドラムを使っており、ドラムは身近な存在だったとジョー先生は話されておりました。

この形の作品に対して、「猫のひげ」ではなく「ドラム」と名付けられていることから、それだけ「ドラム」が身近な存在であったことが推測され、 それを裏付けるお話も伺うことができました。あやとり作品の新たな発見によって、その国の風習が垣間見れるのはとても面白いことだと思います。

こうしたあやとりの面白さ・新たな発見を伝えてくださり、作品紹介を承諾していただきました大坂くんとジョー先生、文献調査にご協力くださいましたISFA代表のシャーマンさんに御礼申し上げます。 また今回の記事作成にあたり、ISFA会員の加藤がジョー先生に追加取材を行いました。取材にご協力していただきましたジョー先生に改めて感謝申し上げます。

最後に大坂くんのコメントを紹介します。

(大坂くん) これまで多くの人があやとりを採集してきましたが、私が採集出来るとは夢にも思わなかったので、今回の事で2つも採集出来て嬉しく思っています。 思い切って質問しにいって良かったと思うし、色んな方に協力してもらってとても有り難かったです。

(*1)子どもも楽しい夏に -大坂さんのあやとりも-』、タウンニュース (2022/08)
(*2)多世代交流の場を -まちの先生が活躍-』、タウンニュース (2022/08)
(*3)神奈川で最年少 あやとりの先生』、タウンニュース (2022/11)
(*4) C. L. T. Griffith (1925) "Gold Coast String Games"
(*5) G. S. Cansdale (1993) "Ghana String Figures"
(*6) C. C. K. Smith (2000) "Some String Figures and Tricks from Sierra Leone and the Gold Coast", BISFA 7: pp.94-100
(*7) W. A. Cunnington (1906) "String Figures and Tricks from Central Africa", pp.123-124
(*8) A. C. Haddon (1906) "String Figures from South Africa”, pp.145-146
(*9) J. Parkinson (1906) "Yöruba String Figures" p.132
(*10) T. Saito (2004) "String Figures of Japan", BISFA 11: pp.143-147
(*11) C. F. Jayne (1906) "String Figures: A Study of Cat's-Cradle in Many Lands": pp.24-27
(*12) M. Probert and V. Probert (2011) "Devonshire String Figures from the 1890s", BISFA 18: p.5
加藤直樹@ISFA