HOMEデータベース INDEX遊 び の 名 称
 遊 び の 名 称
  《 さいとう たま あやとりコレクション 》

今日、このサイトで紹介している<糸遊び>は 全国共通に「あやとり」と呼ばれています。 しかし、それはこの10−20年ほどのことで、それ以前は、それぞれの地域の言葉で、さまざまな呼び方がされていました。 

1970年代から 全国各地で聞き取り調査を続けた斉藤さんは、 これまでに約90種(方言による些細な発音の相違を含む)の名称を記録しています。 代表的な名称は、東日本に広く分布する「あやとり」、西日本での「いととり」ですが、ほかにも 「ひもとり、かなとり、たすきどり、はやおどり、あぜとり、かけとり、ちどり、かがりとり、あみとり、てかけ、てとり、てなわ、てがらこ、らんかんとり、ときこ、ぎやぎや、てぃんとんが」などがあります (福音館書店本『あやとりいととり 1の裏表紙に記載)。 

「あやとり」の「あや」とは、糸が “( X のように)斜めに交差した形” を意味します。 「ふたりあやとり」では、糸の交差しているところで、その糸を取り上げることがよくあります。 おそらく、そこから名付けられた と斉藤さんは考えています。 上の名称にある「たすき、あぜ、かけ、ちどり、かがり、てがらこ」も “斜めに交差した形” を意味します。 たとえば、山口県錦町では「ちどり」と呼ばれていましたが、明治30年代生まれの女性は「ふたりあやとり」で相手に取り方を指示する時に「こうチドリんとことって」と言って教えていたそうです。 

語源を解明することはたいへん難しいことであり、また語源が一つであるとは限りません。 しかし、豊富なデータに基づく斉藤さん自身による約90種の名称の分類と語源の考察(ISFA英文会報2004に収録)は、現在では、最も説得力のあるものと言えましょう。  (Ys 07/22/2007)

 

このページでは、各地の名称を集めています。 “私たちは、「あやとり」のことを○ ○ ○」と呼んでいた”、“「あやとり」のお国言葉が「……」のページに掲載されている” など、「あやとり」の名称に関わる情報をお寄せ下さい。 皆様の協力を得て、データを充実させていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。 ⇒ 情報は こちら へ

名称 地域 出典 (文献・ウェブサイト・個人情報)
ウカウ (名詞:あやとり、動詞:綾取りする)
ウコカウ (動詞:綾取りをする)
北海道〔アイヌ語〕 萱野 茂 (1996) 『萱野茂のアイヌ語辞典』 三省堂
あやこあそび 青森: 都母の国
あやことり 青森:八戸市、上北郡下田 都母の国 ⇒ 「南部弁 *遊び(子供)言葉」  
たしことり 岩手:釜石市 都母の国
たすこどり 岩手:遠野市附馬牛 都母の国
とっこ 岩手:宮古市 都母の国
とりっこ 岩手:宮古市 都母の国
あや 東京〔江戸期〕 山東京伝 (1790) 『小紋雅話』
あやとり 東京〔江戸期〕 喜多川守貞 (ca. 1853) 『守貞謾稿 (近世風俗志) 』
ちどり 愛知:(旧)祖父江町 稲沢市立長岡小学校(拾町野昔の子の遊び)
ちどり 岐阜:岐阜市 女性(昭和10年生)  
とりこ 三重:浜島町 浜島方言大辞典(このサイトは閉鎖?されています)
ちどり 石川:加賀市 男性(昭和7年生)  
いととり (いとどり) 京都〔江戸期〕 喜多川守貞 (ca. 1853) 『守貞謾稿 (近世風俗志) 』
いととり 大阪〔江戸期〕 井原西鶴 (1682) 『好色一代男』
いとどり 大阪〔江戸期〕 井原西鶴 (1684) 『好色ニ代男』
いととり (いとどり) 大阪〔江戸期〕 喜多川守貞 (ca. 1853) 『守貞謾稿 (近世風俗志) 』
いととり 徳島 『子供の遊びとわらべ唄<阿波童戯・童謡集>』
いとんどり 島根:仁多郡仁多 出雲弁の泉 ⇒ 「出雲弁辞書」
えととり 島根:八束郡八雲 出雲弁の泉 ⇒ 「出雲弁辞書」
いととき 熊本:玉名地方 使える熊本弁講座2 ⇒ 使えない熊本弁
アヤートゥエイ 沖縄:国頭郡今帰仁 沖縄言語研究センター ⇒ 「今帰仁方言 音声データベース」
あヂー トゥン (動詞:綾取りをする) 沖縄・国頭郡今帰仁 沖縄言語研究センター ⇒ 「今帰仁方言 音声データベース」
ムてィー トゥン (動詞:綾取りをする) 沖縄・国頭郡今帰仁 沖縄言語研究センター ⇒ 「今帰仁方言 音声データベース」

(* 1) 鎌谷 嘉喜 編著 (1986) 『子供の遊びとわらべ唄<阿波童戯・童謡集>』 原田印刷出版、 徳島

TOP

Last updated 12/12/2008