HOMEデータベース INDEX > ア ー ト 作 品
 江戸 ・ 明治 ・ 大正期
  • 西川 祐信 (1724 享保九年) 『 絵本大和童(ゑほんやまとわらんべ)』 三巻三冊、京都書林 菊屋喜兵衛 :上巻十丁ウラ -十一丁オモテ
      〜 複製本:[肥田氏所蔵本] : (1979) 『同題』、近世日本風俗絵本集成、臨川書店、京都)
      解説:上巻は、四季折々の上方(京、大坂)の子どもの行事と遊びを十二枚の見開きページに描く。 九月は重陽の節供、菊の花遊びする子どものかたわらで、二人の女の子が「いととり」に夢中。 この墨刷木版絵本があやとり遊びを描いた最古の視覚的文献資料です。 (Ys) トピックス 074
  • 西川 祐信 (1748 延享五年) 『 絵本十寸鏡 (ゑほんますかがみ)』 三巻三冊、京都書林 菊屋喜兵衛 :上巻三丁ウラ-四丁オモテ
      〜 複製本: (1979) 『同題』、近世日本風俗絵本集成、臨川書店、京都
  • 山東 京伝 (1790 寛政ニ年) 『 小紋雅話 』 蔦屋、江戸
     
    〜 復刻本 (1984) 『遊びのデザイン−小紋雅話』 解説:谷峯蔵、岩崎美術社 : p.44, pp.156-157  トピックス 049 あやとり遊びの名称
  • 鈴木 春信 (無落款) (1767-8 明和四−五年頃) 『 あやとり 』 多色摺木版画(中判錦絵) 、東京国立博物館、シカゴ美術館、メトロポリタン美術館 蔵
    (所収:[1] シカゴ美術館蔵 『青春の浮世絵師 鈴木春信−江戸のカラリスト登場 <図録>』 監修:小林 忠、編集・発行:千葉市美術館、山口県立萩美術館、浦上記念館、2002:p.218。  
    [2] 東京国立博物館蔵 『
    浮世絵に見る江戸の一日』 監修:佐藤要人、高橋雅夫、編:藤原千恵子  河出書房新社、1996:p.32) 

     〜春信が他の絵師の作品から図柄を借用していること; 借用元として一番多いのは 西川祐信の作品であること は研究者の間では周知の事実だそうです(小林 忠 「青春の画家 鈴木春信」 :上記 [1] p.010)。 この錦絵の「二人あやとり」の図柄も、祐信の絵本から‘頂戴した’ように見えます。 糸を取り合う二人の両手の位置、糸の掛かり方は、『絵本大和童』の描画とそっくり同じ。 ただ、手首から指先(とくに小指)にかけての繊細なタッチは春信そのもの。 作品全体も祐信筆とは全く趣の異なる仕上りになっています。 (Ys)
  • 作者未詳 (江戸中期) 『 童子遊興之図 』 肉筆画帖、くもん子ども研究所 蔵
    (所収:『遊べや遊べ! 子ども浮世絵展<図録>』 編集:くもん子ども研究所、NHKプロモーション 発行:NHKプロモーション、2003) (所収:『江戸子ども百景』 (公文浮世絵コレクション)小林 忠  河出書房新社、 2008)  トピックス 074

     〜西川祐信『絵本大和童』上巻を彩色模写。
  • 歌川 広重 (1830-43 天保年間) 『 風流おさな遊び 』 多色摺木版画 大判、くもん子ども研究所 蔵
    (所収:『浮世絵の子どもたち<図録>』 監修:稲垣進一、上笙一郎、黒田日出男  東武美術館、1994)(所収:『遊べや遊べ! 子ども浮世絵展<図録>』 編集:くもん子ども研究所、NHKプロモーション 発行:NHKプロモーション、2003) (所収:『江戸子ども百景』 (公文浮世絵コレクション)小林 忠  河出書房新社、 2008)  トピックス 074
  • 歌川 広重 (1830-1847 天保〜弘化年間) 『 おさな遊び正月双六 』 多色摺木版画 大判、 くもん子ども研究所 蔵
    (所収:『浮世絵の子どもたち<図録>』 監修:稲垣進一、上笙一郎、黒田日出男  東武美術館、1994) トピックス 074

Last updated 08/09/2004


  • 楊洲 周延 [ようしゅう ちかのぶ](ca.1870s 明治初期) 『 四季遊び 秋冬の部 』 多色摺木版画 大判三枚続、 くもん子ども研究所 蔵
    (所収:『浮世絵の子どもたち<図録>』 監修:稲垣進一、上笙一郎、黒田日出男  東武美術館、1994) トピックス 074
  • 楊洲 周延 (1890 明治二十三年) 『 東風俗福つくし 子福者 』 多色摺木版画 大判、 くもん子ども研究所 他 蔵
    (所収:『浮世絵の子どもたち<図録>』 監修:稲垣進一、上笙一郎、黒田日出男  東武美術館、1994)
    (所収:ばれんの会 編 『近世子ども文化を探る 浮世絵ー子ども絵百選展<図録>』 浮世絵春秋18号、ばれんの会、1998)
    トピックス 074

  • 小林 (鮮斎) 永濯 [えいたく] (1885 明治十八年) 『東都 子供あそびの図 − 綾とり』 彩色刷木版画 : 『 古今百風 吾妻餘波 (あづまのなごり) 』 岡本 昆石 編、 森戸錫太郎 蔵版 : 壱編三十一
      〜 複製本 :(1959) 『吾妻のなごり』 国際貿易観光協会
    (所収:『
    浮世絵に見る江戸の子どもたち』 くもん子ども研究所 編、小学館、 2000:p.218(モノクロ)
  • 宮川 春汀 (1900-1910 明治中期)  「 綾とり・吹き玉 」 : 『 女児の遊び 』 木版画彩色刷絵本、大黒屋松木平吉 蔵版
    (所収:山本駿次郎 編 『傑作画集成−明治のこども遊び』 国書刊行会、1990:p.54 モノクロ)

     〜 大黒屋は江戸中期に開業した有名な絵草紙屋。 『女児の遊び』は、その五代目松木平吉が彫・摺に最高の技術を結集した豪華絵本だそうです(上記所収本 山本氏の解説より)。 春汀については、柳田國男との奇縁話が面白い (
    岡田善広 「黒潮文化とやしの実」)。 なお、「綾とり・吹き玉」のカラー画像を公開しているページがあります。 google検索 [宮川春汀 こども遊] からお調べ下さい 。  (Ys 07/09/2006)
  • 名和 永年 [えいねん] (1908 明治四十一年) 「アヤトリ」 : 『 幼年画報 』 3巻5号 博文館:p.14   所蔵:大阪国際児童文学館

     〜 和服の女の子二人が正座して、あやとりを取り合う。 添えられた文章が面白い --- 「...女ノ子ワオウキクナルト、裁縫ヤ刺繍ヲ覚エナケレバナリマセンカラ、チイサイウチカラ、綾トリノヨウナ遊ビヲスルノガヨロシウゴザイマス」。  (Ys 04/03/2008)

  • 竹久 夢二 編 (1922 大正十一年) <表題不明>−『 日本童謡集 あやとりかけとり 』 春陽堂
    (復刻本 :(1975) 『 日本童謡撰 あやとりかけとり 夢二編 』 <名著復刻 日本児童文学館 第一集>、 ほるぷ出版)
     〜 夢二が旅先で聞き集めた童謡・子守唄・遊戯唄、約200編を収録。 さし絵からは、わらべ唄への愛惜の思いが伝わってくる。 「私は、この可憐な唄をあつめたり、さしゑする仕事を楽しんでしたことを書いておこう」(序の結びの一節より)。 ‘あやとり’は本の表題にもなり、彩色さし絵が巻頭を飾っているが、あやとり唄は「ぺんぺん ことかいな」の一編のみ。 (Ys)
  • 安田 靫彦 (1922) 『 二少女  Two Girls 』 絹彩軸 117.3 X 86.0   東京国立博物館 蔵
    (所収: 『特別展 安田靫彦−その人と芸術−』<図録> 山種美術館 1982)

     〜 お行儀よく座って「ふたりあやとり」を楽しむ二少女。 一見 能面のような 女の子の表情には、仲良しの子と「あやとり」をしている喜びが感じられる。 この画伯には珍しい 同時代の少女を描いた 第九回院展(1922/9)出品作。 上記図録の「略年譜」には、1919年(35才)結婚、翌年3月 長女誕生とあります。 父親目線で眺めてみれば、ありふれた情景も また新鮮。 そのあたりに作画の動機があったのかもしれません。  (Ys 11/27/2005)

TOP

 昭和期 ・ 現代
  • 岩岡 とも枝 (1928) 「 アヤトリ 」 : 『 コドモノクニ 』 7巻4号 東京社:p.6-7 所蔵:大阪国際児童文学館

     〜 ちょっとおしゃれな洋服姿の女の子が、ひざを突き合わせてあやを取り合う(「ふね」から「つづみ」へ)。 上品な会話調の文章が添えられている。  (Ys 04/03/2008)
  • 多田 北烏 [ほくう] (1933) 「 綾とり 」 : 『 少女倶楽部 』 11巻2号  大日本雄弁会講談社:表紙絵  所蔵:大阪国際児童文学館

     〜 振袖姿の姉妹−姉はモダンな椅子に腰を掛け、そばに立つ妹の手にあるアヤを取り上げている。 雑誌タイトルを含む全体の構成は、ポスターデザインの先駆者である多田北烏(1889〜1948)ならではと言えましょう。  (Ys 04/03/2008)
  • 川島 はるよ (1935) 「あやとり」 : 『 コドモノクニ 』 14巻4号 東京社: p.20-21 所蔵:大阪国際児童文学館

     〜 川島はるよ(1911-?)は、戦後も多くの挿絵を描いた童画家。 エプロンを付けた二人の幼い女の子がお座りしてあやとりを取り合っているのを、後ろから犬を抱いた弟が覗いている構図。 折井千一の童謡(あやとり)に添えられたこの絵は、当時の子どもの服装や髪型をそのままに描いた風俗資料でもある。  (Ys 04/03/2008) 
  • 海老原 喜之助 (1939) 「アヤトリ」 : 『 コドモノクニ 』 18巻11号 東京社:p.12-13  所蔵:大阪国際児童文学館

     〜 あやとりをする少女ふたりの上半身が描かれたデッサン。  (Ys 04/03/2008) 
  • 仲田 好江 (1902−1995) 「無題」 − 『ことばの贈物』(岩波文庫・別冊。岩波文庫編集部編、岩波書店、1986)にカット絵として掲載(p.177)

    〜 仲田好江は小出楢重、安井曾太郎に師事した洋画家。 ラフなスケッチなれど、あやとりしている女性の表情には味がある。 (情報提供いただいた‘K美術館’さんに感謝。)  (Ys 08/07/2010) 
  • 谷内 六郎 (1956) 「あやとり」−『谷内六郎展覧会 秋』 1982 新潮文庫:p.16-17 

     〜 やわらかな秋の日差しを受け、建物の入口あたりに座り込んで 糸を取り合う女の子二人。 『週刊新潮』(昭和31年9月24日号)の表紙絵です。 (情報提供いただいた‘K美術館’さんに感謝。) 
    なお、「あやとり」と題する<表紙の言葉>、その文章にある「一かけニかけ三かけて...」で始まる遊びは「あやとり」とは関係ありません。 昔の子ども遊びに詳しい方にお尋ねしたところ、この手遊びは全国に広がっていたとのこと。 手の打ち合わせ方や合間の所作、終わり方には その土地土地で いろいろと変化があったそうです。 (Ys 11/27/2005)
  • 林 静一 (1971) <無題>
    (所収:『儚夢(ろまん)』 幻燈社、1971)
  • 林 静一 (1973) <無題>
    (所収:『化子(けし)』 北冬書房、1973)

     〜 (‘K美術館’さんからの情報です。感謝。)
  • 林 静一 (1981) <無題 (あやとりをする少女)>−『 寺山修司少女詩集 』 カバー絵、
    (所収:『寺山修司少女詩集』 角川文庫、1981:カバー)

     〜 この詩集は 今も同じカバーの文庫で版を重ねています - 改版15版(2001)。 カバー絵画像のあるページは、検索サイト [ 寺山修司少女詩集 林静一 カバー ] で お調べ下さい。 
    ◇2005/02刊行の改訂版からカバーが変わりました。 (Ys 11/06/2005)
  • 林 静一 (1992) 『 姉 』 :「童の四季」 より
    (所収:『おんなたち〜その美・童心・こいごころ、林静一・叙情の世界展』 (図録)  読売新聞社、1995)

     〜 秋の野原 一人であやとりする女の子、それに見入る弟、二人の表情がいい。  (Ys 03/18/2006)
  • 久下 貴史 (2008) 「 あやとり 」 : 『月刊 ねこ新聞』 7月号 表紙  

    〜 ニューヨーク在住の画家 久下貴史氏の版画「あやとり」です。 <ねこ新聞>のサイトで見ることができます → 
    こちら。 (情報をお寄せいただいた K美術館さん に感謝)

    「山藤章二の似顔絵塾」での氏の作風は、かなりクリティカルな感じを受けるのですが、猫に対しては、無限の愛情を捧げておられるようです。 猫が毛糸玉(や毬)と戯れるというのは、よくある構図です。 この作品では、猫があやとり糸と戯れています。 4本足で奮闘しています。 人間があやとりをする場合、足の利用はあやとり糸の一部を抑えるとかするぐらいです。 うらやましい限りです。 (TS 07/24/2008)

  • 山藤 章二 (1982) <ジャック・デリダ>−『 現代思想 』 表紙作品、原画所蔵者不明
    (所収:『現代思想』 臨時増刊号(vol.10-3) 「デリダ読本」、青土社、1982:表紙)

     〜 <両手に糸を絡め「あやとり」をしているジャック・デリダ>を描いた似顔絵イラストの傑作。 この時期のデリダ思想のキーワードは"デコンストラクション(解体と再構築、その限りなきくり返し)"。 あやとりもまた、‘かたち’を作っては解(ほど)き‘無’に戻す、そのくり返しである。 この表紙絵についての 編集人 T 氏 のコメント(巻頭の「デリダ読本−処方箋」)が面白い。(Ys)

  • 味戸ケイコ (2005) <表題不明 (あやとりをする少女)>−『 魂の声 リストカットの少女たち -私も「リスカ」だった 』 カバー絵
    (所収:小国綾子 『魂の声 リストカットの少女たち -私も「リスカ」だった』、講談社、2005:カバー)

     〜 あやとりをする少女のイラストが表紙になっています。 本文中に「あやとり」はなく、少女たちの孤独な心の象徴として描かれている様です。(K.K.)
  • 味戸ケイコ (1997) 『 あやとり 』 鉛筆画 pencil sketch、 64×44cm、K美術館 蔵

     〜 《 K美術館 》のサイトで作品画像が公開されています(作品・2のページ)。 ‘心’の崩壊の危機に直面している少女。 「あやとり」は、時として、少女を守る‘結界’となるのではないでしょうか --- その‘心’の再生への機が熟するまで...。 下記の メルサド・ベルベルの作品画像も合わせてご覧下さい。 (Ys 07/29/2005)
  • 味戸ケイコ (1979) 『 わすれなぐさ 』 鉛筆+アクリル pencil +acryloc、  27×40cm、K美術館 蔵

     〜 作品画像は 《 K美術館 》のサイト(作品・1のページ)にあります。 

  • 中村 佑介 (2003) <イラスト:『 君繋ファイブエム 』 - 歌詞カード>

     〜 「君繋ファイブエム」は ASIAN KUNG-FU GENERATION の最初のフルアルバム(Ki/oon Records, JDC CD KSCL-629)。 

    収録曲のイメージを「あやとり」で描いた美しい色使いのイラストの数々。 巷に出回るあやとり本に欠けているのは、この想像力です。 氏があやとり本を作れば、「あやとり」に対する世間一般の見方がかなり変るのではないでしょうか。 中村佑介さんのサイトは
    こちら。 [情報提供者 G.A さんに感謝]  (Ys 04/29/2006)

      
  • 松井みどり (2010) 「異次元への窓、連想の糸 中村佑介の絵画とアジアン・カンフー・ジェネレーション」−ユリイカ2010年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア vol.42-3 青土社:P.42-55) 
     〜 そのまま引用しておきます。 「
    『君繋ファイブエム』の歌詞ページでは、自我崩壊の危機から希望への飛翔というテーマの展開が、中村による、綾取りの紐が描き出す様々なイメージを通して補強される。」(p.48)   (Ys 04/27/2010)

  • 手塚 愛子 (200X?) "Fragile Surface - Cat's Cradle" 刺繍

     
    〜 作品画像は 《 Tokyo Artwriters 》 のページにあります。  (Ys 04/05/2011)

  • はまの ゆか (2006) 「あの子は、あやとり ...」:『みーつけた』、朝日新聞(関西版) 2/15 夕刊、「関西PLUSキッズ」面

     〜 はまのゆか さんのサイトは こちら。 『みーつけた』については、「お知らせ」のページにあります。 (Ys 03/11/2006)

  • ちば みなこ (2006) 『 あやとり練習中 』 水彩、100×150mm

     〜  ポストカードのために描かれた、楽しい気分をもたらす絵。 ちばみなこさんのサイトは こちら。 この作品画像は、<topics> → <ちばみなこのブログ> → <2006年 10月 13日> のページにあります。 (Ys 04/03/2008)

  TOP

 海外のアート作品
  • アルベール・アンカー(Albert Anker) (1872) 『Cat’s Cradle  あやとりをする少女』 油彩 キャンバス  所蔵:クリストフ・ブッロハー・コレクション ( 『アンカー展』 図録 2007 編集:宮澤政男ほか Bunkamura )

     〜 アルベール・アンカー(1831−1910)は、故郷アルプスの麓インス村の生活風景を愛情豊かに描いた作品を数多く残した スイスを代表する画家の一人です。 『Cat’s Cradle』には、二人の少女があやとりを取り合う、私たちにもおなじみの情景が描かれています。 ほかの絵においてもそうなのですが、手指の描写はとても写実的。 あやとりパターンも細部まで正確に描こうとしています。 図録の解説・年譜によれば、アンカーは幼児教育に強い関心があり、1898年には 乳幼児の成長を観察・分析したエッセイを発表しているとのこと。 とくに、幼い子がその手指を自分のものと自覚するプロセスや手指の発達を促す遊戯・遊具に注目していたようです。 「あやとり」については、手先の器用さと集中力の発達を促し、豊かな想像力と創造性を身につける遊びと考えていました("Play to Learn" by Isabelle Messerli、『アンカー展』 図録:p.88-89)。 この作品のベースには、そのような発達心理学的な視点があるのでしょう。 やや面白味には欠けますが、あやとりの情景を描いた絵画としては貴重なものといえましょう。  (Ys 08/19/2008)

  • ノーマン・ロックウェル(Norman Rockwell) (1943) 『 Cat's Cradle / Willie's Rope Trick  あやとり (別題: ウィリーのロープ・マジック)』 - "Saturday Evening Post" June 26, 1943. 原画は所在不明  作品画像:「あやとり

     〜 ノーマン・ロックウェル(1894-1978)は、アメリカの著名なイラストレーター、画家。 ユーモアのある温かいタッチで描かれた<古き良き時代のアメリカ人>は今日でもかなり人気があるようです。

    この作品は、ロックウェルのライフワークとなった高級大衆雑誌 『サタデー・イブニング・ポスト』 の表紙絵で、"ウィリー・ギリス(Willie Gillis,Jr)" シリーズの8枚目として掲載されました。 このシリーズは、1941年から1946年まで11作品があり、どこにでもいるようなごく平凡な男ウィリーが 第二次世界大戦に従軍兵士として出征して帰国するまでの物語となっています。 物語とはいえその中身は、戦場での活躍などの場面は一切なく、一市民兵士のささやかなエピソードに過ぎません。 しかし結果的には、このシリーズが戦争支持のプロパガンダとして大きな効果を挙げることになりました。 作品画像:
    "ウィリー・ギリス"シリーズ全作品

    そのきっかけとなったのは、1943年2月〜3月の同誌に掲載されたロックウェル会心の4部作「Four Freedoms 四つの自由」。 これは、ペイトリアット(愛国者)でありリベラリスト(自由主義者)であるロックウェルが、1941年のルーズベルト大統領の議会演説に感銘を受け、アメリカ建国精神の要であるリベラリズムを明解に表現した作品です。 当時の 『サタデー・イブニング・ポスト』 の発行部数は400万部。 この表紙絵が国民の間で大評判となり、そして、ロックウェルが描くウィリーは<リベラルな典型的アメリカ市民>として人気者になります。 それまでロックウェル流プロパガンダに懐疑的であった合衆国政府は態度を一変、ポスト社と共催で 「Four Freedoms 四つの自由」展覧会を16都市で開き、財務省は戦時公債の売上で1億3千万ドル以上の収益を上げます。 作品画像:「
    四つの自由

    同じ年の6月26日号の表紙を飾ったのが、シリーズ8番目のこの作品「あやとり」です。 ウィリーが異国の蛇使いの老人にあやとりマジックを見せて驚かせている、という戦争とは対極の情景を描いています。 当時の読者は、<人間は、一兵士として戦時下にあってもなお、個人の自由意志を失うことなく生きるべきである>とのメッセージを読み取っていたのでしょう。 ただの戯れ絵のように見えますが、実はかなり奥が深い作品なのです。


    ・この拙文をまとめるにあたり、以下のサイトの記事を参考にさせていただきました: 《
    Best Norman Rockwell Art.com.》、《Norman Rockwell Museum》、《Wikipedia》    (Ys 04/09/2010)

  • イシュ・パテル(Ishu Patel) (1977) 『 Bead Game ビーズ・ゲーム 』 (アニメーション 5分35秒) カナダ国立映画制作庁
    収録 DVD:『NFB 傑作選 イシュ・パテル、キャロライン・リーフ、ジャック・ドゥルーアン作品集パイオニア LDC Inc. 2003)

     〜 数千個のビーズ玉で描かれた 「人間とは何か?」の物語。 RNA断片らしきものから ヒトへの生物進化、そして現代に至るまでの人間の所業へ、と切れ目なく続く ビーズのメタモルフォーゼはとても美しい。 見とれていると 唐突に ‘あやとりをする人物’が現れ 全編の終わりとなる。 生物の進化とは 「遺伝子染色体の‘あやとり’」なのか? ‘あやとり’しているのは誰か? その解釈は 見る人それぞれに委ねられています。

    筆者は この分野のアニメーション作品をはじめて見ました (上記DVD)。 作者のメッセージを読み取るのもよし。 独創的な映像表現に魅了されるもよし。 一コマ一コマ作り上げる 気の遠くなるような制作プロセスを知って驚くのもまたよし。 楽しみ方はさまざま、奥の深い面白い世界のようです。 興味のある方は、アニメーション作家 山村浩二氏のサイト 《
    Yamamura Animation's page 》へどうぞ (「ビーズ・ゲーム」についての記事は ブログ「知られざるアニメーション」 2005/6/25 にあります)。 

    なお、《
    NFB(カナダ国立映画制作庁) 》のサイト(英語・仏語)では、「ビーズ・ゲーム」のビデオクリップが公開されています: Welcome(HTML version) → Find a film → search box [Bead Game] 。 (Ys 07/21/2006)

  • メルサド・ベルベル(Mersad Berber) (19 ?) 『 少女 〜あやとり〜 』 (油彩)、御所湖 川村美術館 蔵

     〜 画像は 次のページにあります : 《
    御所湖 川村美術館 》⇒ 「Gallery・企画展示」をクリック ⇒ 「旧ユーゴスラビア展」をクリック。 (Ys 12/20/2003)

TOP